仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 急増する食中毒(5) | トップページ

2017年2月28日 (火)

急増する食中毒(6)

腸内細菌叢のバランスを崩す
  食生活の欧米化〈高脂肪・高蛋白食〉
 腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌に分けられ、そのバランスによって免疫力と抵抗力の強さが決まります。そのバランスを崩すのが、食生活の欧米化です。
 高脂肪・高蛋白の肉や牛乳、卵は腸の環境をアルカリ性にし、善玉菌の活動を鈍らせ、悪玉菌を増加させます。
〈消化のよすぎる食べ物〉
 さらに、白砂糖など消化されやすいものだけ食べていると、腸内細菌の棲処である大腸まで届かないないうちに消化・吸収されてしまうため、善玉菌の餌にならないと国立感染症研究所の森下芳行先生は指摘されています。
 野菜や果物、魚などは、無農薬や汚染の少ないものを選び、なるべく皮ごと食べることです。
〈冷やした飲食物〉
 冷やした食べ物、飲み物は、腸管粘膜免疫を損ないます。
 水などもよく噛んでとるようにしましょう。
「根本的食生活改善」で
   腸内細菌叢を整える
 腸内細菌叢を整え、善玉菌を優勢にするには、二分搗き玄米ご飯に納豆・具沢山の味噌汁・漬け物の「根本的食生活改善」が一番です。
〈食物繊維〉
 食物繊維は善玉菌の餌となり、また腸内の浄化作用があります。麦を入れた二分搗き玄米ご飯、発芽玄米ご飯、雑穀ご飯や、根菜類や海草などを摂取するよう心がけましょう。
〈オリゴ糖〉
 善玉菌の代表であるビフィズス菌が最も好む糖類です。豆腐や納豆などの大豆加工品をはじめ豆類に多く含まれ、またゴボウや玉ねぎ、アスパラガス等の野菜にも比較的多く含まれています。
〈漬け物や納豆などの発酵食品〉
 ぬかみそ漬けや納豆、味噌などの発酵食品を毎食必ずとり入れて、乳酸菌やビフィズス菌などを直接、摂取しましょう。
〈納豆の強力な予防作用〉
 納豆をたくさんとる人は、とらない人に比べ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が約10倍も増えているという報告もあります。
 納豆菌が生成するジコピリン酸などの抗菌物質は時間がたっても効果を持続し、その効果は腸内でも持続します。O157は経口伝染病の腸チフスに匹敵するほど非常に強い感染力を持っていますが、納豆菌はO157に対して強い阻害作用を示します。
 このように、納豆菌には腸内で善玉細菌を増やす一方で、ブドウ球菌、赤痢菌、チフス菌などの病原菌に強い抗菌作用を発揮して、食中毒の予防に役立ってくれます。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« 急増する食中毒(5) | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511521/69758421

この記事へのトラックバック一覧です: 急増する食中毒(6):

« 急増する食中毒(5) | トップページ