仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 急増する食中毒(4) | トップページ | 急増する食中毒(6) »

2016年6月10日 (金)

急増する食中毒(5)

根本的食生活改善で腸を健康に
腸内細菌叢の乱れなど
 腸の健康の悪化が原因 腸内細菌は食中毒菌に対して、バリアになり、たくさんの腸内細菌がびっしりと腸内に占めていると、外から食中毒菌が入ってきても増殖を許さないで追い出してしまいます。
 腸内細菌叢のバランスを崩し、腸の健康が悪化する主な要因には次のことが指摘されています。
a)食生活の欧米化-----悪玉の腸内細菌が増えやすい。
b)超清潔志向-----腸内細菌叢の種類や数が少なくなる。
c)抗生物質の乱用-----悪玉・善玉含めて腸内細菌の減少や、菌交代現象(長期の使用で善玉悪玉両者の菌が消失した後、抗生物質耐性の悪玉菌が増える現象)を起こす。
 例えば、抗生物質や抗菌剤の乱用で腸内細菌の種類と数が減少したお腹(大腸)にO157などが入ってくると、空っぽのお腹にO157などが棲みつきやすくなります。
d)過労やストレス-----全身的な免疫力が落ち、腸管免疫も低下し、また大腸の蠕動運動が低下して便秘をもたらす結果、腸の健康が著しく低下する。
e)冷たい物の過食-----胃腸の働きや腸内免疫の低下を起こす。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« 急増する食中毒(4) | トップページ | 急増する食中毒(6) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511521/65947404

この記事へのトラックバック一覧です: 急増する食中毒(5):

« 急増する食中毒(4) | トップページ | 急増する食中毒(6) »