仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

夏こそご用心「冷え」と「低体温」(1)

人類は爬虫類化している!?
──深刻な低体温・冷えの急増──
 人間は恒温かつ温血の動物で、日本人の基礎体温(腋窩測定で)は平均36・5℃前後とされています。
 体温36℃以下の低体温児童は1930年代には男子3・8%、女子4・64%だったのに対し、1991年〜2年の調査では男子10・6%、女子14・1%にも急増。
 この傾向は1970年代後半から顕われ、また1日の体温変動も朝35・5℃、昼37・4℃と大きく、この問題を研究されている日体大の正木健雄名誉教授は、「低体温に体温の大きな変動は人類の爬虫類化、退化の象徴」と警告されています。
 本誌連載中の西原克成先生も、「変温・冷血動物は身体中にバイキンとウイルスを共存させているが、低体温ではそれと同じになってしまい、ルンペン化現象ともいえる。お母さんが低体温だと、赤ちゃんはバイキンだらけのお乳を飲むことになり、母乳からアトピーにもなってしまう」と警鐘を鳴らされています。
 冷えや低体温はそれだけにとどまらず、血流不全や免疫の低下から、あらゆる病気にかかりやすくなります。冷房や冷たい物の摂取、露出した衣服など、夏こそ冷えには気を付けたいものです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »