仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月18日 (金)

突然死(5)

食事・栄養療法
突然死は防げる!
——前兆を見逃すな——
 突然死というと、ある日突然何の前触れもなく死んでしまうイメージがありますが、突然死した人の7割には高血圧など何らかの基礎疾患があったことが明らかになっています。
 また、心筋梗塞や脳梗塞の発作には、胸痛や頭痛などの前兆がおこっているケースが多く、突然死は体が発する危険信号を本人が見落としていた可能性が高いと、東邦大学医学部の吉井信夫教授は指摘しています。
 突然死は決して、未然に防げない病気ではありません。食事・栄養療法を中心に、予防策について考えてみましょう。
ストレスが引き金
——突然死につながるビタミン・ミネラル不足——
ストレス→ビタミン・ミネラルの大量消費→活性酸素の暴発→血管を直撃
 突然死、中でも働き盛りの男性を襲う過労死は、慢性的な疲労や心労などのストレスが引き金となります。
 ストレスは体内のビタミンやミネラルを湯水の如く消費し、ビタミン・ミネラルが不足すると、活性酸素の被害をくいとめることができなくなってしまいます。
 悪玉といわれるLDL(低比重リポ蛋白)コレステロールが活性酸素によって酸化されると超悪玉の酸化LDLとなり、血管壁の細胞を酸化してボロボロにし、動脈硬化の元凶となります。ボロボロになった血管に高血圧や血栓などの因子が単一に、あるいは複合的に加わると致死的ダメージがおこり、脳卒中や心筋梗塞などの発作が引き起こされるのです。
 活性酸素による酸化の害を防ぐには、抗酸化ビタミンACE、抗酸化酵素を活性化させる亜鉛、セレン、鉄、銅などのミネラル、フラボノイドやポリフェノールなどの植物性抗酸化成分を十分に確保することが大事です。マグネシウムの不足でも
血管がボロボロ さらに、細胞内外のミネラルバランスが重要です。
 体内のミネラルには、細胞内に多いものと細胞外に多いものがあり、細胞内外のミネラルバランスの調節に重要な役割を果たしているのがマグネシウムです。
 カルシウムに対してマグネシウムのとり方が少ないと、本来は細胞外ミネラルであるカルシウムとナトリウムが細胞内に大量に入り込み、代わりに細胞内ミネラルのマグネシウムとカリウムは追い出されてしまいます。その結果、細胞は膨張し、ちょっとした刺激に対しても収縮しやすくなります。
 これが血管壁の細胞でおこると、血管が肥厚したり攣縮(けいれん)したりして血流が妨げられ、高血圧や虚血性心疾患、脳卒中などをおこしやすくなります。
 マグネシウム不足だけでなくカルシウムの不足も、骨からカルシウムが溶け出して(脱灰)、細胞内にとりこまれる一因となります(カルシウムパラドックス)。カルシウムとマグネシウムはどちらも過不足なく、バランス良く摂取することが大事です。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2014年4月10日 (木)

突然死 (4)

突然死は、こんな状況で
おこりやすい 突然死が最も多いのは就寝中ですが、単位時間当たりの危険率をみると、入浴や排便、スポーツ時の方が危険率が高くなります。
 入浴中の突然死は冬に集中しており、寒い脱衣所や浴室と熱い湯船との温度差が血圧の急上昇を招きます。特に、42℃以上の「高温浴」では、自律神経の交感神経が緊張し、血圧・心拍数共に上昇します。
 また、「全身浴」は、水圧によって末梢の血液が心臓に集まり、こうした心臓や血管への負担が突然死の引き金になるので、みぞ落ちから下だけつかる「半身浴」を心がけます。
 さらに、汗をかくと血液が濃縮されて粘りやすくなる上、高温浴では血液を固める血小板の働きが活性化され、血栓を溶かす線溶能の働きが弱くなります。こうしてできた血栓がもとで、翌朝、脳梗塞や心筋梗塞の発作をおこす恐れもあります。
 スポーツ中の突然死は年間130件ほど発生しており、急性心筋梗塞や狭心症、心室細動など、心臓疾患が原因の8割を占めます。
 体を動かすと心臓が必要とする酸素の量が増えるため、冠動脈が動脈硬化で狭まっていると血液の供給が追いつかなくなります。さらに、激しい運動で大量に汗をかくと、血液の粘度が高まって血栓ができやすくなります。
 年代別では、スポーツをする機会の多い10代が22%と最多ですが、次いで50代が16%、40代が13%を占めます。
 競技別では、実数ではランニングが多いのですが、40〜59歳では剣道やスキー、60歳以上ではゴルフや登山の率が高まります。
 車の運転中の突然死も意外に多く、居眠り運転や脇見運転として扱われた中にも、突然死によるものが相当数含まれているとみられます。
 運転中は精神的緊張が高まって交感神経が刺激され、一時的に血圧や心拍数が上がりやすくなります。死亡者の6割は、高血圧や糖尿病、虚血性心疾患、脳血管疾患などの病歴をもっていたことが明らかになっており、危険因子のある人は要注意です。
 突然死を防ぐには、日常生活の中でこうした危険な場面に細心の注意を払うと共に、“死の四重奏”といわれる危険因子を改善し、動脈硬化や血栓を防ぐ食生活を心がけ、交感神経の緊張を和らげて自律神経のバランスを整えることが大事です。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2014年4月 1日 (火)

突然死 (3)

“死の四重奏”に、
ストレス過多
〈基礎疾患〉
 京都大学病院第三内科の野原隆司医長は、「突然死は、基礎疾患があるところに引き金がひかれて起きる」と説明しています。
 基礎疾患としては、 高血圧、 高脂血症、 糖尿病、 肥満があげられます。これらは動脈硬化や血栓などの原因になり、それぞれは軽度であっても、2つ、3つと重なると、心筋梗塞や脳卒中をおこす危険が高まることから、“死の四重奏”と呼ばれています。
〈直接の引き金は交感神経の緊張〉
 直接の引き金となるのは、自律神経の交感神経の緊張です。交感神経は、血圧や心拍数を上げて体の活動力を高める神経で、緊張状態が続くと、血流を阻害して血栓の形成を促したり、活性酸素を過剰に作り出して血管壁を障害したりします。
 睡眠時は自律神経の副交感神経が優位になるので血圧は下がっていますが、起床後は日中の活動に備えて交感神経が活発に働き、血圧が上昇します。それに伴って、早朝には心臓突然死や脳卒中がおこりやすくなります。
 交感神経は、過労や睡眠不足、精神的ストレス、急激な温度差、過度の興奮などでも緊張状態になり、高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などの基礎疾患を抱えている上に、過労やストレスの多い中高年男性は突然死予備軍といえます。
〈精神的ストレス〉
 「過労死110番」に寄せられる相談でも、くも膜下出血や心筋梗塞など、働き盛りの突然死に関する事例が6割に達するといわれ、ストレスやプレッシャーのかかる管理職世代は要注意です。
 特に、真面目で几帳面、負けず嫌い、猛烈に働くといった「A型性格」の人は、自律神経の交感神経系の支配が強く、温和でマイペースな「B型性格」の人に比べて突然死しやすいと指摘されています(血液型とは関係ありません)。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »