仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« やはり怖い脂肪肝(2) | トップページ | やはり怖い脂肪肝(4) »

2013年12月19日 (木)

やはり怖い脂肪肝(3)

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
 一方、非アルコール性脂肪肝はこれまで、ウイルス感染などの他の原因がない限り、肝炎や肝硬変には進行しないと考えられ、あまり重要視されていませんでした。しかし近年、アルコールやウイルス感染とは無縁なのに、脂肪肝から肝炎、肝硬変、肝がんへと進行する例が数多く報告されるようになり、「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」として、にわかに注目を集めています。
 高知医大第一内科では、 アルコール摂取量が1日20g(日本酒1合、または缶ビール1本)以下、 GPTがGOTより高く、半年以上異常が続く、 ウイルスなど他の肝障害の原因がない人で、 肝生検の結果、高度の脂肪肝で炎症や線維化がみられた場合をNASHと診断しています。
 ただの脂肪肝で済む人とNASHになる人との違いは明らかになっていません。しかし、NASHはやはり肥満の人に多く、超肥満者が多い米国では3%がNASHといわれています。
 また、NASH患者の6〜8割は血糖値が高く、糖尿病状態と指摘されています。ただし、NASHは糖尿病の合併症ではありません。肥満が引き金となる病気としてNASHと糖尿病があり、両者を併発する患者が多いということです。
 肥満が引き金になる病気としてはこの他、睡眠時無呼吸症候群との関連が指摘されています。千葉大呼吸器科の巽浩一郎助教授は、「肥満だけならNASHを発症するのは1%以下だが、睡眠時無呼吸症候群の患者に限ると一気に7%に跳ね上がる」と報告。睡眠時の無呼吸によって低酸素状態となり、それが肝臓に悪影響を与え、NASHを後押ししている可能性を指摘しています。
 このように、非アルコール性脂肪肝も一部は肝炎や肝硬変に進行する危険性があり、決して侮ることはできません。高知医大第一内科の西原利治講師は、「日本では脂肪肝は病気ではないと思っている人が多いが、成人の4人に1人が肥満の今、NASHを認識し、防ぐ努力が必要」と警鐘を鳴らしています。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« やはり怖い脂肪肝(2) | トップページ | やはり怖い脂肪肝(4) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり怖い脂肪肝(3):

« やはり怖い脂肪肝(2) | トップページ | やはり怖い脂肪肝(4) »