仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 胆嚢の病気(16) | トップページ | 胆嚢の病気(18) »

2013年10月17日 (木)

胆嚢の病気(17)

 この他、胆嚢の炎症を鎮めるには、抗酸化ビタミンACEや、抗酸化酵素を活性化させる亜鉛・銅・鉄・マンガン・セレニウムなどのミネラル、ポリフェノールやフラボノイドなどの植物性抗酸化物質が役立ちます。
 こうした微量栄養素を総合的かつバランスよく補うには、食事からだけでは十分とはいえず、“総合サプリメント(栄養補助食品)”の摂取がすすめられます。薬効の高い
漢方・民間療法 熊の胆嚢を乾燥させた熊の胆は、胆嚢疾患に効果のある漢方薬として昔からよく知られ、その主成分のウルソデオキシコール酸は、実際に胆石溶解剤として臨床に用いられています。塩分濃度の高いものを塩分濃度の低い水につけておくと中の塩分が溶けだしてくるのと同じ原理で、ウルソデオキシコール酸を飲むと胆嚢の中はコレステロール濃度の低い胆汁で満たされ、コレステロール濃度の高い胆石が徐々に溶けてくるのです。
 ブナ科のカシの一種であるウラジロガシは、「体の石を追い出す」として、古くから四国地方で胆石や尿路結石、腎結石などに使われてきました。有効成分はカテコールタンニンで、葉や小枝を煎じたお茶を飲むと、胆石を防ぐだけでなく溶かす効果も確認されています。ウラジロガシは消炎作用も強く、胆嚢炎を鎮める効果も期待できます。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« 胆嚢の病気(16) | トップページ | 胆嚢の病気(18) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胆嚢の病気(17):

« 胆嚢の病気(16) | トップページ | 胆嚢の病気(18) »