仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 胆嚢の病気(15) | トップページ | 胆嚢の病気(17) »

2013年10月11日 (金)

胆嚢の病気(16)

規則的な食生活
 胆石患者には食事時間が不規則な人が多いといわれます。朝食を抜いたり、遅い時間に夕食をとったりして食事の間隔が長くなると、胆嚢内で胆汁が濃縮されすぎ、胆石や胆嚢炎をおこしやすくなります。胆嚢に溜まった胆汁を定期的に使うには、1日3回、規則的な食事を心がけましょう。
 暴飲暴食は厳禁です。一度に大量に食べると胆嚢が強く収縮し、それだけ胆嚢に負担がかかります。胆石をもっている人は疝痛発作をおこしやすくなります。
 アルコールやカフェイン飲料、炭酸飲料、香辛料などの刺激物の過剰摂取も、胆嚢を強く収縮させるので控えるべきです。胆嚢の健康に役立つ
微量栄養素 ビタミンCは特に重要です。ビタミンCには肝臓で胆汁酸の合成を助ける働きがあり、コレステロールの代謝を促進して、コレステロール胆石や胆嚢ポリープの形成を抑えます。ビタミンC不足の動物にコレステロールの多い餌を与えると胆石になりやすいことが確認されており、米国のサンフランシスコ大学のJ・サイモン助教授らの研究では、ビタミンC不足で女性が胆嚢の病気にかかる危険性が増すことが明らかになっています。
 アミノ酸のタウリンも胆汁酸の合成を促進する働きがあり、動物に胆石の形成を促すような餌を与えても、タウリンを補うと胆石が抑えられることが報告されています。
 ビタミンEも重要です。動物に大量のコレステロールや脂肪を与えても、体内のビタミンE濃度が適切なら胆石を防ぐことができ、一方、ビタミンE不足の動物は低脂肪の餌でも胆石ができやすいことが報告されています。
 コリンやイノシトールには、コレステロールを胆汁酸に乳化させるレシチンをつくり出し、コレステロールが胆嚢に溜まらないようにする働きがあります。
 ビリルビンカルシウム胆石を防ぐには、カルシウムの沈着を防ぐ作用のあるマグネシウムが役立ちます。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« 胆嚢の病気(15) | トップページ | 胆嚢の病気(17) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胆嚢の病気(16):

« 胆嚢の病気(15) | トップページ | 胆嚢の病気(17) »