仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(2) | トップページ | 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(4) »

2012年12月 7日 (金)

肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(3)

肝炎とは
原因の8割は肝炎ウイルス・急性肝炎と慢性肝炎 
肝炎は、 ウイルス、 アルコール、 薬物、さらに、 免疫異常(自己免疫疾患)、 胆道疾患(胆道炎など)——などが原因で、肝臓の細胞が壊れたり、肝臓の働きが悪くなる病気です。日本人の肝炎の約80%は肝炎ウイルスが原因で、約15%がアルコールと薬剤が原因とみられています。
 いづれの原因でも、原因がある程度以上加わると免疫反応が起き、多くの場合肝機能異常を示すGPT、GOT(肝細胞に含まれる酵素で、肝臓に障害が起きて細胞が壊れると血中濃度が高くなる)といった値が上がってきます。
 一時的に炎症が起き6ヶ月以内に治癒するのが「急性肝炎」。そのうち約1〜2%が急激に肝細胞が壊死し進行が早いと発症から1週間程度で意識がなくなり、死亡に至る「劇症肝炎」になります。
 この状態が6ヶ月以上続くと「慢性肝炎」となり、細胞の変性壊死と再生がくり返されるうちに肝臓に線維がたまってきます。
 慢性肝炎からさらに10年、20年と経過すると「肝硬変症」、「肝臓がん」になったりします。
ウイルス肝炎と新しいタイプ 肝炎ウイルスの主なものにはA型、B型、C型、D型、E型があり、経口感染と血液感染に二分されます。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
BlogPeople「健康法」
BlogPeople「薬・サプリメント」

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

« 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(2) | トップページ | 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(4) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(3):

« 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(2) | トップページ | 肝炎 ——その80%はウイルス肝炎(4) »