仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 自律神経失調症 ——対策編——(2) | トップページ | 自律神経失調症 ——対策編——(4) »

2012年5月24日 (木)

自律神経失調症 ——対策編——(3)

●抗酸化物質 ストレスで交感神経が緊張すると、それと連動して白血球の顆粒球が増加し、活性酸素が過剰に産生されます(図)。
 活性酸素の被害を食い止めるために、ビタミンACE、抗酸化酵素を活性化させる亜鉛、銅、マンガン、セレン、鉄などのミネラル、フラボノイド、ポリフェノールなどの植物性生理活性物質をしっかり確保しておきましょう。
 自然に即した食生活を これらの栄養素は、ファストフードやコンビニ食、インスタント食品などに偏った現代型の食生活では欠乏しがちな上、何かとストレスの多い複雑な現代社会では、普通の食事をしていても、とても十分にはとることができません。
 そこで、ビタミン・ミネラル・生理活性物質が総合的にバランスよく含まれたサプリメント(栄養補助食品)を利用して、三度の食事の度に栄養素を100点満点にすることが望まれます。
 この他、ヒト本来の食性からかけ離れた食生活は、体がそれに対応しきれず、自律神経のバランスを崩す元になるので要注意です。
●白砂糖のとり過ぎは危険
 ストレスを感じた時、それをケーキや菓子類など、甘いものの“気晴らし食い”で解消しようとする人が目立ちます。
 しかし、白砂糖のとり過ぎで血糖値が急上昇すると、膵臓からインスリンが大量に分泌される反動で低血糖症に陥り、かえって体がだるくなったりイライラがつのります。さらに、低血糖状態から抜け出そうとして副腎からアドレナリンが大量に分泌されるため、自律神経のアンバランスに拍車をかけてしまいます。
 白砂糖のとり過ぎはまた、神経系に重要なビタミンB群やカルシウムを大量に消耗してしまいます。
●卵・牛乳・肉・植物油を避ける
 交感神経の緊張は血流障害を引き起こしますが(図)、肉・卵・牛乳などの動物性食品や、紅花油などのリノール酸系植物油のとり過ぎも、血液を粘らせて血流障害を促進します。
 血流を回復して自律神経のバランスを整えるには、こうした食品を避けると共に、納豆、玉ネギ・ニンニク、脂肪酸ではシソ油や亜麻仁油に多いα—リノレン酸、青魚のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などを積極的に取り入れていくと良いでしょう。
●ゆっくりと食事を楽しむ
 自律神経を正常に機能させるためには、食事は毎日決まった時間にとるなど、生活にリズムをつけることが大切です。寝る直前に食べると、睡眠・休息をつかさどる副交感神経が食物の消化・吸収に労力を割かれ、自律神経のバランスを崩しやすくなります。
 また、家族や友達と楽しくリラックスして食事をしている時は、副交感神経が優位になって食物の消化・吸収が促進されます。反対に、時間に追われて慌ただしく食事を済ませたりしていると、交感神経が優位になって胃腸の活動は抑えられてしまいます。世界的にも今、合理化を追求した“ファストフード”から、ゆっくりと食事を楽しむ“スローフード”を目指す動きが広がっています。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

« 自律神経失調症 ——対策編——(2) | トップページ | 自律神経失調症 ——対策編——(4) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自律神経失調症 ——対策編——(3):

« 自律神経失調症 ——対策編——(2) | トップページ | 自律神経失調症 ——対策編——(4) »