仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 自律神経失調症 ——対策編——(3) | トップページ | 全身を蝕む「歯周病」(1) »

2012年5月30日 (水)

自律神経失調症 ——対策編——(4)

自律神経の健康を保つ日常生活

 この他、過労、暴飲暴食、睡眠不足なども、生体に不自然な生活を強いて自律神経を狂わせます。不規則な生活習慣を改めると共に、日常生活では以下の点に注意しましょう。
●薬 頭痛に対しては鎮痛剤、イライラや不安に対しては精神安定剤など、対症療法的な薬が処方されがちですが、これらの薬剤は結果的には交感神経の緊張を高めて自律神経のアンバランスを招くもとになります。
 なお、甘草という名で多くの漢方薬に調合されているグリチルリチン酸には、副交感神経を刺激する作用があるといわれています。
●運動 ウォーキングやハイキング、サイクリングなど、自分が楽しいと感じる軽めの運動は、心身のリフレッシュに効果的です。
 ただし、闘争的で勝敗を争うようなハードなスポーツは、精神的・肉体的ストレスとなって交感神経を刺激するので逆効果です。スポーツ嫌いの人が健康のために嫌々運動をしたり、スポーツ好きの人が取り憑かれたようにトレーニングに励むのも良くありません。
●入浴 39℃前後のぬるめのお湯に下半身だけのんびり浸かる半身浴は、副交感神経を優位にします。逆に、42℃以上の高温浴では、交感神経が刺激されてしまいます。
●笑う 笑いには、ストレスを解消して副交感神経を優位にし、免疫力を高める効果があります。「元気で長生き研究所」の昇幹夫先生は、笑いは、 食欲を増進し、消化吸収を高め、 腹筋や胸筋を動かし、 腹式呼吸で酸素を十分取り込み、 心を明るくさせて免疫力を高めると説明しています。
●爪もみ 直接的に副交感神経を刺激し、リンパ球を増やす手当法としては、「福田—安保理論」をもとに編み出された爪もみ療法(写真)がおすすめです。手足の先端や頭頂部には神経線維がたくさん集まっており、わずかな刺激で効果的に自律神経を刺激することができます。
 ここにご紹介した他にも、カラオケやアロマテラピーなど、自分なりのストレス解消法をみつけて気分転換を図り、交感神経と副交感神経のバランスを整えて、自律神経失調症を予防・改善しましょう。
—・—・—・—・—・—・—・—
◎参考文献
・『自律神経失調症を治す本』
村上正人・則岡孝子著、主婦と生活社
・『未来免疫学』
安保徹著、インターメディカル
・『ガンはここまで治せる』
福田稔著、マキノ出版
・『ストレスと免疫』
星恵子著、講談社ブルーバックス
・『スポーツは体にわるい』
加藤邦彦著、光文社カッパサイエンス
・他

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

« 自律神経失調症 ——対策編——(3) | トップページ | 全身を蝕む「歯周病」(1) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自律神経失調症 ——対策編——(4):

« 自律神経失調症 ——対策編——(3) | トップページ | 全身を蝕む「歯周病」(1) »