仙石さんのおすすめ

無料ブログはココログ
フォト

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(9)

 子宮以外の場所で子宮内膜組織が増殖するしくみとしては、
・生理時の血液が逆流し、血中に含まれていた子宮内膜細胞がたどり着いた先で増殖する
・本来は子宮内膜ではない細胞が、子宮内膜に似た組織に変化する——などの説がいわれ、いずれにしても女性ホルモンのエストロゲンの過剰な刺激が、子宮外の子宮内膜組織の増殖を促していると考えられています。
・また、今月号巻頭インタビューに御登場いただいた西原克成先生は、人類が直立二足歩行するようになった結果、背骨が内臓を支えられなくなり、飛んだりはねたりすると子宮が踊って、子宮内膜細胞が腹腔内に散らばると説明しています。この古くなった子宮内膜細胞を見つけ出して消化するのが白血球の役割で、白血球の消化力を高めるには、鼻呼吸をはじめ、十分な休養と睡眠(骨休め)、保温・適温の保持、偏食をせずしっかり咀嚼、正しい姿勢、腹式横隔膜呼吸——等をすすめられています(巻頭インタビュー参照)。若年化する子宮筋腫 子宮筋腫も近年増えている婦人科系疾患の一つで、成人女性の20〜40%が子宮筋腫をもっているといわれます。30〜40代の中年女性に多くみられますが(図2)、最近は
20代の女性にも増えてきています。
 子宮筋腫は、子宮の筋肉の層にできる良性の腫瘍で、転移・がん化はせず、閉経すると自然に小さくなっていくので、命にかかわる病気ではありません。
 しかし、筋腫ができる場所によっては、過多月経やそれに伴う貧血・めまいをおこしたり、子宮が攣縮したり、筋腫がねじれて急激な腹痛をおこす恐れもあります。子宮内膜症との合併も多く、この場合は生理痛が強くなります。筋腫が骨盤の神経や血管を圧迫すると腰痛に、直腸や膀胱を圧迫すると便秘や頻尿に、卵管を圧迫したり受精卵の着床を妨げると不妊・流産の原因となります。
 子宮筋腫は、・初潮前にはほとんどみられない、・女性ホルモンの分泌が活発な30〜40代に多い、・閉経後は自然に縮小・消失する——などの理由から、子宮内膜症同様、女性ホルモンのエストロゲンが深くかかわっていると考えられています。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月22日 (火)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(8)

 ひどい生理痛の背後には、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が潜んでいることもあります。
 これらは女性のライフスタイルの変化や、食生活の欧米化、環境汚染などに伴って増えている女性特有の現代病で、生理痛や腰痛、貧血などを伴うだけでなく、不妊症の原因にもなります。

急増する子宮内膜症
 子宮内膜症は先進国を中心に増加傾向にあり、97年の厚生労働省の調査では、治療を受けている患者は約12万8千人、医療機関にかかっていない人も含めると患者数は100万人とも300万人ともいわれます。20〜30代の若い女性に多く、この年代の女性がかかる病気のトップを占めています。
 子宮内膜症は、子宮にしかないはずの子宮内膜組織が子宮以外の場所、例えば卵巣や腹膜などにできて増殖する病気です。正常な子宮内膜は受精卵の着床に備えて増殖し、受精が行われないとはがれて血液とともに体外に排出され月経となりますが、これと同じことが子宮以外の場所でもおこってしまい、出口がないので体内にたまって炎症をおこしたり、周辺の臓器と癒着をおこしたりします。
 激しい生理痛が特徴的で、日本子宮内膜症協会が患者324人に行ったアンケート調査では、10人に1人は救急車を呼んだ経験があり、4人に1人は転げまわるほどの痛みで鎮痛剤も効かないと訴えています。生理時以外の下腹部痛、腰痛、性交痛、排便痛などの症状もあり、患者の30%には不妊症も認められます。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月18日 (金)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(7)

日常生活の注意

●体を冷やさない
 子宮などは腸の延長器官と考えられています。お腹を冷やさないためには、夏でも冷蔵庫で冷やしたものは徹底してとらないようにします。果物は朝だけ少量摂取、食間にチョビチョビとる水分も体温以上、できたら40℃程度の温湯にし、ごくごく少量の自然塩(濃度は0・6%位が理想)を溶かして飲むと良いでしょう。
 刺激物となるカフェイン含有食品(コーヒー、コーラ、お茶など)は生理痛には大敵で、強い利尿作用が冷えや血行阻害の原因になります。
 5本指靴下やレッグウォーマーを履いて足を冷やさないようにしたり、カイロで腰を温めるのも効果的です。半身浴や足湯もおすすめです。
●適度な運動とストレス対策
 ストレッチ体操やマッサージで腰の鬱血を解消したり、ウォーキング、ラジオ体操など、毎日の適度な運動で血行を良くすることも大切です。ただし、生理中の激しい運動や重労働は女性の体を壊し、不妊症になる危険性もあるので要注意です。呼吸法を伴うヨガや気功など静的な運動はストレスにも有効なのですすめられます。
 生理中はのんびりと過ごし、テレビや映画、読書なども刺激的な内容のもの、感動の深いものは避けた方が無難です。リラックスするには、アロマテラピーなどを活用するのも良いでしょう。
 なお、ひどい生理痛の背後には、子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患が潜んでいることもあります。次回は、これらの病気についてお話しします。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月15日 (火)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(6)

その他、生理痛に重要なビタミン・ミネラルetc.

●亜鉛、セレン、カルシウムは、生理痛に関係するといわれる有害金属の解毒に働きます。
 海外の研究では、月経前症候群の女性(56人)は健康な女性(14人)に比べて毛髪中の鉛濃度が34%高く、特に生理前のうつ症状がひどかった2人の鉛濃度は14倍にも達していたと報告されています。水銀、カドミウム、スズなどもホルモンのアンバランスを招くことが指摘されています。
 亜鉛は有害金属の解毒に働く蛋白質のメタロチオネインの合成に不可欠で、セレンやカルシウムは体内で有害重金属と拮抗して毒性を抑え込む働きがあります。
 なお、カルシウムには精神安定作用、セレンには炎症(痛み)を緩和する作用もあります。また、第二次性徴期に亜鉛が不足すると、子宮や卵巣の発育が遅れ、生理痛や生理時の不快症状がおこりやすくなるともいわれます。
●パントテン酸、ビタミンC、マグネシウムは、ストレスに強い体をつくります。ストレスは脳の視床下部に影響を及ぼしてホルモンの変調を招きます。
●植物成分も上手に活用しましょう。コケモモのアントシアノサイドには子宮の筋肉を弛緩させる作用があり、セリ科のアンジェリカ、マメ科の甘草の根(多年草)にも生理痛を和らげる効果が報告されています。イチョウ葉エキスは子宮内の血流改善に役立ちます。
●漢方薬も生理痛に優れた効果が報告されています。自分にどの漢方薬が合うかは、漢方に詳しい婦人科医や最寄りの漢方薬局にご相談下さい。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月14日 (月)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(5)

キービタミンはB群とE

●ビタミンBの不足もムクミをおこし血流を悪くします。また、免疫力が低下すると体はむくみやすくなりますが、Bは免疫機能にも重要です。
●ビタミンBはホルモンの合成に必要で、生理痛の直接の原因となるホルモンの失調を防ぎます。
 さらにマグネシウムの吸収を良くする働きもあります。
 イギリスの研究では、1日50〜100mgのビタミンBをとった女性は、とらなかった女性に比べて月経前症候群の諸症状の改善率が約2倍、うつ症状の改善率も約70%高かったと報告されています。
 ホルモンの合成には、亜鉛、マンガン、ビタミンEなども必要で、ホルモンが分泌されるときの酵素反応にはカルシウムが必要です。
●ビタミンB12や葉酸は、貧血の改善に重要です。鉄や銅と共に不足に注意しましょう。血液量の多い生理では貧血を併発しがちで、めまい、倦怠感、集中力低下などもおこしやすくなります。
●ビタミンEは毛細血管を広げて血行を良くし、子宮の筋肉の収縮を和らげます。
 また、ビタミンEには、体内の天然の麻酔物質エンドルフィンの分泌を促したり、子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌をコントロールする作用もあります。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月10日 (木)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(4)

キーミネラルはマグネシウム

 生理痛には、今お話した子宮の収縮・痙攣からくるものと、ムクミからくるものとの二つのタイプがあり、微量栄養素ではどちらもマグネシウムが関係しています。
〈ムクミ〉マグネシウムが不足すると細胞膜の“ナトリウム・カリウムポンプ”の働きが円滑にいかず、ナトリウムが細胞内にどんどん入り込んできて、細胞内にたまったナトリウムは浸透圧の関係で細胞内に水を呼び込み、細胞はパンパンにふくれてしまいます。
 血管壁の細胞にムクミがおこると、子宮内の血行が阻害され、生理痛がおこります。
 また、手足や顔もむくみやすくなり、生理でムクミがおきる人は基本的にマグネシウム不足が原因で、これが生理時のホルモンの変動で助長されると考えられます。
〈痙攣〉マグネシウム不足はまた、細胞内へのカルシウムの流入を招き、細胞内に過剰にカルシウムが入り込むと細胞が収縮し放しになってしまいます。子宮内膜血管系の攣縮が引き起こされる結果、痛みが生じると考えられます。
 マグネシウムは未精白穀類、豆類、海草類、緑黄色野菜に多く、高脂肪・高蛋白食や精製加工食品の多い現代型食生活では不足が心配されます。さらに、飲酒や肉体的および精神的ストレスでも非常に失われやすいので、積極的な摂取を心がけたいものです。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月 9日 (水)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(3)

〈大豆製品を組み合わせて、必須アミノ酸を100点満点に〉
 必須アミノ酸のトリプトファンからは精神安定作用のある神経伝達物質セロトニンがつくられ、生理時のイライラ解消に役立ちます。穀類+豆類の組み合わせは、互いに不足する必須アミノ酸を補い合い、必須アミノ酸がパーフェクトで揃うので、主食の麦・雑穀ご飯には必ず、納豆や味噌などの大豆発酵食品を加えましょう。
 大豆にはホルモンバランスを整えるイソフラボンも含まれ、生理痛に優れた効果を発揮します。
〈子宮を収縮させるリノール酸のとり過ぎに注意〉
 月経困難症の女性は、子宮を収縮させるプロスタグランジンという局所ホルモンの量が多いことが分かっています。
 このプロスタグランジンは植物油に多いリノール酸(n—6)系列の脂肪酸からつくられ、一方、シソ油や亜麻仁油などα—リノレン酸(n—3)系列の脂肪酸にはそれを抑える働きがあります。
 油は全体量を控えると共に、リノール酸系列とα—リノレン酸系列の摂取比率は2対1〜1対1が理想的です。
 なお、経口避妊薬のピルにはプロスタグランジンを抑える効果がありますが、安易な使用は副作用を招く恐れもあります。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月 8日 (火)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(2)

〈熱源は、麦・雑穀ご飯でしっかり確保〉
 生理痛を訴える女性は、同時に冷え症のケースが多くみられます。冷えは血液の循環を妨げたり、体内の酵素活性を低下させてホルモンバランスを乱し、子宮や卵巣の機能を低下させます(図1)。
 糖質・脂質・蛋白質を体内で熱に変えるには、ビタミンB群、クロム、亜鉛、マンガンなどが必要で、これらは穀類の胚芽部に多く含まれます。熱源は、麦・雑穀ご飯(麦2〜5割に、二分搗米または発芽玄米)で確保しましょう。
 動物性食品は一般には体を温めると考えられていますが、肉食をすると赤血球が固まって血液が粘っこくなり、血行が阻害されて、かえって冷える元になります。
〈低血糖を招く白米・白砂糖は厳禁〉
 生理に伴うイライラやうつ症状を和らげるには、脳細胞のエネルギー源となるブドウ糖を十分に確保することが大切です。麦・雑穀ご飯はブドウ糖の供給源としても優れています。
 白米などの精製穀類は、糖の代謝に必要なビタミンB群が取り去られているため、ブドウ糖が脳で有効に利用できません。
 特に白砂糖は厳禁です。生理前に無性に甘い物を食べたくなる女性がいますが、白砂糖のとり過ぎは一時的高血糖のあと低血糖症を招き、脳に必要なブドウ糖が不足してイライラを募らせます。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月 2日 (水)

生理痛・——月経困難症・月経前症候群——(1)

 多くの女性が、生理痛(下腹や腰の痛み)や生理にまつわる不快症状(頭痛、ムクミ、吐き気、眠気、イライラ、うつなど)を、大なり小なり経験しています。学校や会社を休む、家事ができないなど、日常生活に支障を来すほど重い症状に悩まされている人もいます。
 食事・栄養を中心に、生活習慣の見直しで生理痛を解決しましょう。
子宮内の血流低下が原因 日常生活に支障を来すほどのひどい生理痛や不快症状が、生理の約1週間前からあらわれて生理が始まると軽快する場合を「月経前症候群(PMS)」、生理前から生理中も続く場合を「月経困難症」といいます。
 子宮には、栄養や酸素を胎児に十分に送るために毛細血管が網の目のように張りめぐらされ、子宮は血液のプールになっています。
 月経前症候群も月経困難症も、この子宮内の血液の流れが悪くなることが原因と考えられ、子宮内の血流低下を招く要因としては、
・ホルモンバランスの失調
・欧米型の食生活
・糖代謝がうまくいかない
・ビタミンB群やマグネシウムの不足
・骨盤のズレと不正姿勢
・運動不足——などがあります。
まずは食生活の改善から 血流を良くして生理痛を改善するには、毎日の食生活が大きなポイントとなります。


にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

2011年11月 1日 (火)

腎臓病(13)

 免疫異常を招き、感染症にかかりやすくなる原因の一つとして、東大医学部口腔外科の西原克成先生は“口呼吸”の危険性を指摘しています。口呼吸をしていると、喉と鼻の奥(鼻咽腔)にある白血球をつくる扁桃リンパ輪が乾燥してウイルスや菌がはびこり、白血球がそれをとり込んで全身に運ぶ結果、さまざまな免疫病が引き起こされると説明しています。
 口呼吸のクセをなくし、“鼻呼吸”に直す方法としては、市販のマスクを濡らし、鼻をおおう部分だけ外側に折り曲げた「濡れマスク」をつけて寝るのがおすすめです。口呼吸が制限されて自然に鼻呼吸になると共に、喉の周辺の扁桃群が乾燥から守られます。
・過労 疲労の積み重ねは腎臓に大きな負担をかけます。十分に休養をとり、無理をしない生活を心がけましょう。
・運動 腎臓が悪い人は発汗・脱水に伴って腎機能が低下しやすいので、大量に汗をかくような激しいスポーツや炎天下での運動は禁物です。体力維持や気分転換にはウォーキングなどの軽めの運動を。
・冷え 冷えは腎臓の大敵です。体を冷やさないよう心がけ、夏場でも過剰冷房や乾燥などに注意しましょう。

にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ

BlogPeople「健康法」

BlogPeople「薬・サプリメント」



健康


人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】


blogram投票ボタン

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »